2021年のGoogle Cloudインフラニュースを振り返る

こんにちは。grasysマーケティングチームです。
2022年、早いもので2月も後半戦に突入しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は、少々遅ればせながら、2021年12月20日に公開された Google Cloud ブログの記事、「2021 年 Google Cloud インフラストラクチャ ストーリー トップ 10」にて取り上げられた2021年人気のインフラニュース10選より、独断で気になる記事を2つ紹介したいと思います。今更ながらの振り返りですが、お付き合いいただけたら幸いです!

「米国と欧州大陸を結ぶ Dunant 海底ケーブル、稼働に向けて準備完了」

昨今、国際的なインターネットトラフィックの約99%は、海底ケーブルで世界中に伝送され、巨大IT企業は続々と海底ケーブルの建設を進めていると言われていますね。こちらの記事では、Google Cloud が 海底データ転送のグローバルパートナー、SubCom と共同で敷設する海底ケーブルの一つ、Dunant 海底ケーブルの稼働準備の完了が発表されています。

記事によると、Dunant 海底ケーブルは、米国のバージニア ビーチからフランス大西洋沿岸のサンティレール ド リエを結び、大西洋間で一秒あたり250テラビットの伝送を実現するそうです。250テラビットがどのくらいの容量かというと、「米国議会図書館全体に相当するデータを1秒で3回転送するのに十分な容量」とのことで!エンジニアではない私にも、そのすごさが伝わりました。

このケーブルの開通は、Google Cloud のグローバルネットワークの専用容量の拡大、ダイバーシティと耐障害性の向上を実現するそうです。

このように、Google Cloud は、更なるクラウドの改善と高速化に向け、取り組みを進めているようです。2022年には、米国と英国を結ぶ Grace Hopper 海底ケーブルも稼働予定が発表されており、今後もGoogle Cloud ネットワークの優れた信頼性、速度、セキュリティには期待大ですね。

記事本文はこちらより、ご参照ください。

「Network Connectivity Center が新登場:オンプレミスとクラウドのネットワーキングをシンプルにする革新的なサービス」

ビジネスのデジタル化が加速する中、多くの企業がクラウドサービスの利用を進めていますね。セキュリティを始めとする背景から、クラウドのみでの運用が難しく、オンプレミス環境を含む複数のクラウドサービスを組み合わせて使う、「ハイブリットクラウド」環境の採用を検討する企業が増えているという話も耳にします。そんな中「Network Connectivity Center」の登場は、注目を集めているのではないかと思います。

こちらの記事では、Network Connectivity Center のプレビュー版の公開が発表されています。 記事によると、「Network Connectivity Center」とは、Google のグローバル インフラストラクチャを活用し、オンプレミス ネットワークとクラウドが混在するネットワークを単一の管理画面で簡単に作成、接続、管理できるサービスとのことです。

ハイブリッドクラウド環境では、構成が複雑になり運用が煩雑化する印象があるので、このサービスの登場は、エンジニアの方々にとって朗報なのではないでしょうか。

NetworkConnectivityCenter
出典:「Network Connectivity Center が新登場: オンプレミスとクラウドのネットワーキングをシンプルにする革新的なサービス」

このサービスを利用することにより、VPN、パートナーもしくは専用の相互接続、サードパーティのルーターとソフトウェア定義 WAN(SD-WAN)にシームレスに接続できるようになるため、接続性の最適化、運用負担の軽減、コスト低減が実現できるそうです。

さらに Cisco との緊密な連携により、複雑な異種混合ネットワークを劇的に簡略化し、ミッションクリティカルアプリケーションの保護、運用の負荷とコストの最小化を実現する新たな機能を提供するとのことです。

2021年10月28日の記事では、米国、英国、インド、オーストラリア、日本に存在する 15 リージョンで一般提供され、今後すべてのリージョンでの提供が予定されているとも発表されています。この革新的な新サービスの、全地域での提供開始が待ち遠しいですね!

記事本文はこちらをご参照ください。

終わりに

今後も、Google Cloud ブログより、grasys独断で気になるニュースをピックアップしていきますので、チェックいただけたら幸いです。


株式会社grasys(グラシス)は、技術が好きで一緒に夢中になれる仲間を募集しています。

grasysは、大規模・高負荷・高集積・高密度なシステムを多く扱っているITインフラの会社です。Google Cloud、Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azureの最先端技術を活用してクラウドインフラやデータ分析基盤など、ITシステムの重要な基盤を設計・構築し、改善を続けながら運用しています。

お客様の課題解決をしながら技術を広げたい方、攻めのインフラ技術を習得したい方、とことん技術を追求したい方にとって素晴らしい環境が、grasysにはあります。
お気軽にご連絡ください。