hugo使い始めました

こんにちは株式会社grasysの代表しております長谷川です。

静的サイトジェネレーター Hugo を使い始めました。
こういうのやり始めると止まらなくなるから良くない・・・うちはインフラの会社
個人的にはMedium押しだったりするけど・・・(だがしかし、もう書いてないw)

なぜ犬なのかはお答えしません!w というより理由がありません!w

lektor, ghost, Jekyll といくつか候補を考えたんだけどHugo にしました。(個人的にはghostでも良かったかもw)

themeは casper これを使わせて頂いてます。(ghostのdefault themeがcasperそっくりw)

Google Cloud Storage

弊社はgoogle partnerなのでGoogle Cloud StorageのWebsite Hostingを利用することにしました。

というか静的なWebサイトは全部これにしてます。

Documentは以下

Static Website Examples, Troubleshooting and Tips

subdomainはblog.grasys.io

bucket生成

ex)

gsutil mb -c <Storage Classes> -l <Bucket Locations> <Bucket Name>

Storage Classes Bucket Locations

standardでasiaにmulti-regionalで作ります。

gsutil mb -c STANDARD -l ASIA gs://blog.grasys.io

※注意としてはGoogle Web Master ToolでDNSの所有者であることを設定しておく必要があります。-> Domain-Named Bucket Verification

ACL設定

gsutil defacl set public-read gs://blog.grasys.io

DNS設定

Google Cloud DNSを利用してます。

digはこんな感じ

dig blog.grasys.io

blog.grasys.io.		3600	IN	CNAME	c.storage.googleapis.com.

Hugo

hugoの設定して(かなり大変だったw)いろいろ準備してコンテンツのMarkdown書いて・・・

hugoのconfig.tomlがあるDirectoryまで移動して

$ hugo
Started building site
0 draft content
0 future content
2 pages created
0 non-page files copied
5 paginator pages created
2 tags created
0 categories created
in 78 ms
$ tree -L 1 hugo
hugo
├── archetypes
├── config.toml
├── content
├── data
├── layouts
├── public
├── static
└── themes

7 directories, 1 file

Google Cloud StorageへUploadする!

js, css, htmlを圧縮しながらUpload

gsutil -m cp -R -z js,css,html ./hugo/public/* gs://blog.grasys.io/

Google Cloud PlatformのDocumentは時間経つとけっこう変わるので注意して!